Hearthstone 初心者が闘技場で7勝したときのデッキを公開してみる

ランク戦にシフトしててあまりやってなかった闘技場だけど、最近また闘技場を続けています。

5勝、6勝はちょこちょこ出るんだけど、7勝以上はなかなか出ず、壁を破れずにいました。

ひさびさに7勝を達成したので、デッキを公開し、考察してみます。

さっそく7勝のデッキを公開

2016-11-06-01-34-02

2016-11-06-01-34-06

iPad miniで撮ったスクリーンショットです。
1枚におさまりきらないため2枚に分けています。

ひさびさの7勝の鍵。
やっぱりいいね〜。

ミニオンの分布

1マナミニオンが3体。
2マナミニオンが4体。

正直引けてない。
2マナは「宝飾のスカラベ」や「戦利品クレクレ君」を入れてこの数だから、序盤でそこまで強い形になっていない。
けど序盤にカード事故を起こしたら確実に負けなことを考えると、一定の枚数はやっぱり必要。

3マナミニオンは5体。
ここでテンポを取り戻す「踊る剣」やハマれば強い「シャタード・サンの聖職者」が引けている。
「屍肉喰いのグール」も今回のデッキでは大活躍した。

4マナミニオンは2体。
安定の「ダークアイアンのドワーフ」、いぶし銀「アーケン・ヌリファイアー」。
「ダークアイアンのドワーフ」はやっぱり強いことを再確認。最優先に近くピックしていきたい。
「アーケン・ヌリファイアー」は2/5の挑発持ち。呪文とヒーローパワーを受け付けないのが渋く強かった。

5マナミニオンは4体。
「ボム・ロバー」は戦線を取り戻す力を持っていることを再認識。
強力なレジェンド「リロイ・ジェンキンス」。
それほどハマるときはなかった「兵站将校」。これもハマれば強いと思うんだけど。
「骨董品のヒールロボ」はあまり機能しなかった気がする。正直回復してる場合じゃない。

6マナミニオンは2体。
ここも強力。「アージェントの司令官」はやっぱり優先ピック。
そして2体目のレジェンド「ソーリサン皇帝」。ほぼ手札に引いてこなかったからそれほど機能しなかったかも。

7、8マナのミニオンはなく、9マナミニオンが2体。
「北海のクラーケン」を2枚ピック。
終盤この二枚で勝負を決めることが多かった。
二枚取ってOKだった。

「兵役招集」の圧倒的な強さ

これを引けたかどうかで序盤の安定感が違った。
1マナ、2マナのミニオンが弱いのをなんとか切り抜けられたのはこのカードのおかげといっても過言ではない。

単体でも強いけど、「屍肉喰いのグール」を後出しして、一気にパワーアップさせるコンボもハマった。
頭に入れてピックを考えておきたい。

あと、「王の祝福」をかける的としても場に残りやすくなるミニオンとして効果的だった。

「兵站将校」とのコンボもあわよくば狙いたかったけど、一度もハマらなかった。。。

「勇者の紋章」、「王の祝福」の強さも光る

「兵役招集」で3体出たミニオンが場に残りがち。
そこに「勇者の紋章」、「王の祝福」。
場に残っていないと使えないこれらのカードと、場持ちさせやすい「兵役招集」は相性抜群。
成立させやすいコンボ。

全体除去なしは苦にならない!?

全体除去は一枚も引けなかった。
でも7勝には到達できた。
他のカードをきっちりピックできていれば意外にいけるんだという感触。

ただ、7勝に止まってしまったのも事実。
このカード群に1枚でも全体除去をピックできてればこの先が見えるかもしれない。

「北海のクラーケン」は2枚引いても全然OK

重くなるかと思ったけど、終盤2枚あることで勝負を決めたことが数回あった。
4ダメージ分の働きは確実にするのがやっぱり強い。
とどめにも使えるし、重たいミニオンながら一定の仕事を確実にするのが二重丸。
やっぱり優先ピック。

お楽しみの商品をアップしておこう

2016-11-06-01-34-23

安定の150ゴールド。
7勝し続ければ課金が必要ないってこと。
その上カードパックもいただけます。
やっぱり7勝はいいよね。

最後の一戦も「炎の王ラグナロス」を相手に出され、こちらは小さいミニオンを横に並べてヒーローに当たらないようにする作戦。
4体並べてターンエンドを迎え、ヒーローにさえこなければ勝ちだったのに、25%の確率を引いちゃった。
ここを越えられれば8勝。あわよくばその先もあったかもしれないデッキ。

こんなデッキで7勝(あわよくば8勝のデッキ)できるから初心者は参考にしてみては。
やっぱり闘技場は面白い!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする