2019年4月月次レビュー:読了3冊

2019年も4月が終了。

10連休前、なんとか乗り切った。

読書という意味ではピッチが落ちたまま。

なんとか3冊読了。

著者の論文をベースにした書籍。

タイトルの内容についてきっちりまとまっている良書。

周りにも進めたい1冊。

研究と実務がきっちりリンクしている。

この書籍に記載されている参考書籍、論文と波及して目を通すきっかけにもなった。

仕入れを継続していく必要を再認識。

著者 : 勝間和代
アチーブメント出版
発売日 : 2019-02-01

久しぶりに読んだ勝間本。

一気に読んだ。

コントロールの視点を。

ダイヤモンド社
発売日 : 2019-04-17

興味がありこれも一気に読んだ。

アナログには惹かれる部分が多くあるものの、どうしても継続できない。

todoist、workflowy等はうまく活用できている。

クラウド上にデータをおけてどこからでも見られる形でログを残すのが性に合っていることを再認識。

——————————-

4月は上記の3冊の読了。

専門書も並行して読んでいるが読了には至らず。

継続は力なり。

少しずつでも数を積み重ねていくことで、視野も広がっていく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする